CONCEPT

1998年6月に初期メンバーが結集し会社設立。
18ヶ月の開発期間を経て、2000年1月にL.E.D.BITESがDebut。

Life(生命)、Ecology(環境)、Domestic(自国)をメインテーマに、
時代を咬むという志から、ブランド名はL.E.D.BITES(エルイーディーバイツ)。

初代デザイナーは、さとうみつお。
ビジネスのカジュアルラインを手始めに、次々と新世代メンズカジュアルバッグを提案。
直営店展開やメディア露出によるブランド認知度の高まりに乗じ、
ダイヤモンドパイソンや、スティングレイ、クロコダイル等のエキゾティックレザーを
多用したプレミアムラインを立ち上げ。
L.E.D.BITES創世期に、至高のブランド構築を行った。

2007年 A/Wより現デザイナーの児玉勝之に交代。
さとうみつおの打ち出した「男の骨太さと」「ワイルド&シンプル」の2大コンセプトと、
デザイン性やブランド構築の理論と方法論を、意図的に且つ大胆に壊しながら、
新たな時代に向けてクリエイションを始める。